おすすめの映画:『パラダイス・ナウ』

2019.03.30 Saturday

0

    おすすめの映画:『パラダイス・ナウ』

     

    この映画は、パレスチナ系イスラエル人のハニ・アブ・アサド監督による2005年のフランス・ドイツ・オランダ・パレスチナ合作映画です。

     

     

    パレスチナ自治区・ヨルダン川西岸地区の町ナブルスを舞台に、自爆テロに向かう、サイードとハーレドという二人のパレスチナ人の青年の苦悩と葛藤を描いています。

     

    裏切り者を父親に持つ主人公サイードと英雄の娘スーハとの恋愛感情を描き、パレスチナ人から見たパレスチナ問題が非常にリアルに描写されています。

     

     

    パレスチナの占領地の現実が、これまでにないほど正確に、ていねいに、そして誠実に描かれており、一般に、自爆テロリスト=狂信者(理解不能の人)で、片付けられておしまいなところを、彼らの内面(誰もが共通に持っている)の世界、置かれた環境や背景が描かれ、自爆テロの標的でもあり被害者の立場にあるイスラエルでも上映されるようになった作品です。

     

    中東の最も難しい問題の中の一つがこのイスラエルパレスチナ問題ですが、第三者の目線ではなく、当事者たちの目線から作られたこの作品は正しい中東情勢の理解にきっと役立つのではないかと思います。是非一度ご覧ください。

     

    映画予告編

    https://www.youtube.com/watch?v=peMaGprkxy8

     

     

     

     

     

    中東平和研修ツアーに関する各種お問い合わせはこちらから

    http://www.mepf.jp/contact/index.html

     

    Ziv Medical Centerの支援はこちらから

    http://www.mepf.jp/donation/index.html