シリーズ 中東平和研修ツアーに参加して 仝獣呂硫垢い歓迎

2019.03.25 Monday

0

    2017年2月24日から3月3日までの7日間 、Zvi Medical Centerへの視察を含む中東平和研修ツアーに行ってきました。今回のツアーの目的は、昨年末に持参するはずであった支援金をZvi Medical Centerにお渡しする事と、今後青年を中心により割安で参加しやすいツアーを企画するための準備をする二つの目的があり、観光よりも現地の人々との交流に主体を置いた旅程となり、現地の生活がより身近に感じられるものとなりました。

     

     

    機中で同席したシリア人から聞いた興味深い話

     

    成田からエアロ・フロート機に乗り、ロシア経由でテルアビブにあるベングリオン空港に到着しました。今回は偶然、機内で日本に十数年滞在しているシリア人と同席し、長時間、シリアの過去と現在の様子を詳しく聞く機会を得る幸運に恵まれました。

    彼は「現アサド政権の父親ハフィーズ・アル・アサドの独裁政権下でも、内戦前は、山岳方面にある多種類の小さな宗教も含め多種類の宗教が共存していた。」と話し、「政府軍対反政府軍の内戦が起こり、更にISが介入する事を通して、“スンニ派だ”“シーア派だ”などとお互いを区別する事が当たり前になった。その事で今では国民も深い所で分断されてしまった。」「祖国は今、悲惨な状況だがトランプ米国大統領の登場により現状が打開出きる事を期待している」と語った。興味深い話を聞く事が出来、長い移動時間を楽しく過ごすことが出来ました。

     

    現地スタッフによる歓迎会、そしてナザレへ

     

    イスラエルに到着の後、その晩は地中海沿いの港町ハイファ近郊に自宅を持つ現地スタッフにお世話になりました。二日目は、イスラエルのスタッフの自宅で歓迎会を開いて下さり、昼食を挟んで、厚い歓迎を受けました。その後、今回のツアー前半の主な滞在地であるナザレに、移動しました。

     

    イスラエル国内最大のクリスチャンの街であるナザレの街はガブリエル天使がマリア様に受胎告知した事を記念して建てられた受胎告知教会を中心とした盆地にある街です。

     

    受胎告知教会

     

     

    ここでガブリエル天使がマリア様に受胎告知した

     

     

    日本から送られたモザイクアート

     

     

     

    ナザレの街

     

    すり鉢の様な斜面一面に住宅がひしめく様に建っており8万弱の人口の三分の二はクリスチャン、三分の一はムスリムと言うアラブ人の街です。この日はユダヤ教徒の安息日である土曜日でしたが、クリスチャンの多いナザレでは日曜が聖日の為、いつも通り賑わっていました。

     

    受胎告知教会を訪問した後に、隣接する聖ヨセフの仕事場に建つ聖ヨセフの教会を訪問しました。ナザレのユニークなところはイスラエルの他の地域より圧倒的にクリスチャンが多い事と同時に、他のクリスチャンサイトと比べて聖家族を尊敬しており、聖家族にまつわる教会や伝承が多い事です。

     

    夕食はナザレ在住のクリスチャンの家に招待され日本ではあまりお目にかかれないアラブ料理を堪能しました。夕食後、宿泊先になっているムスリムの友人宅に到着すると「夕飯は食べていく」と連絡してあったにもかかわらず、改めて豪華な夕食が準備してありました。

     

     

     

     

     

     

     

    「妻が朝から準備したんだ。この位、まだ食べられるよ!」と勧められるのを断りきれず、二度目の夕食をとる事になり一同うれしい悲鳴を上げていました。

    今回のツアー前半の三日間は現地のメンバーから食事や宿泊場所を提供していただくと言う貴重な体験が出来ました。特にユダヤ人のみならず、アラブクリスチャンやムスリムのお宅で生活を共にするという体験が出来た事に参加者は大変喜んでいました。

     

    中東平和研修ツアーに関する各種お問い合わせはこちらから

    http://www.mepf.jp/contact/index.html

     

    Ziv Medical Centerの支援はこちらから

    http://www.mepf.jp/donation/index.html

     


     

     

     

    コメント
    コメントする